分りやすいで売切れ続出 電力線通信・国内・海外・エンターテイメント・芸能・テクノロジー・車・音楽・パソコン・オークション・など色々な話題のブログ作成に勤めています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分りやすいで売切れ続出 電力線通信


電源コンセントにつなぐだけでインターネットに接続できる電力線通信(PLC)専用アダプターの販売が好調だ。松下電器産業など数社が昨年末から発売したが、各地の家電量販店やインターネットショップでも売り切れが続出。今後も「しばらくは順調な売れ行きを記録しそう」(家電量販店)という。

無線LAN設定も セキュリティー絡みで 扱うものによっては設定の困難なものもあるなか
この電力線通信はそうゆう困難な設定からかいほうされそうないいやつみたいですね

PLCは家庭内の電気配線に、電気信号に変えた文字や画像のデータを乗せて送る技術で、利用者は光ファイバーADSL非対称デジタル加入者線)に加入することが前提だ。モデム(信号変換機)とアダプターの親機、パソコンとアダプターの子機をそれぞれつなぐと、家庭内のどの部屋でも気軽に電源コンセント経由でネット接続が可能になる。

 無線LAN(構内情報通信網)は1階にモデム、2階にパソコンといったケースで通信状態が不安定になることが多く、初期設定も難しい。こうした事情もあってPLCに対する期待が高まっていたが、電波の漏洩(ろうえい)対策などを講じることで、総務省が昨年になってようやく屋内限定で利用を解禁した。

 松下電器が昨年12月に売り出した国内初のPLC専用アダプターセット(親機と子機1台ずつ)の実売価格は1万9800円。当初月産3000セットを予定していたが、発売後1カ月で約1万セットの出荷を記録したため、月産1万5000セットの増産体制に切り替えた。平成19年度上期中には月産5万セットまで増産する予定だ。「分かりやすさが人気になっている」と松下。

 NTT東日本も昨年12月からアダプターセットの注文受け付けを開始した。価格は2万2000円で、発売初日に先着500セットを1万円の特別価格で販売したところ、当日午前中に完売。その後も「好調な注文が続いている」(NTT東)という。

 12月だけで200セットを完売したという家電量販店ラオックスのザ・コンピュータ館(東京都千代田区)では「秋葉原の電気店街全体で品切れになった。当店は思い切って在庫を確保していたが、それでもあっという間に品薄になった。無線LANより設定が簡単なことなどもあって、年明けも好調だ」(加藤信吉店長)という。

 アダプターをまだ発売していない電機メーカー各社も「いろいろなメディアに取り上げられて注目されており、事業化の方向を見極めたい」(電機大手首脳)などと意欲をみせる。今後はパソコンや薄型テレビなどの家電製品にもアダプター機能の搭載が進む可能性もありそうだ。

 ただ、PLCは医療機器によっては誤作動が生じる恐れがあるとの指摘のほか、妨害電波が出て無線通信ができなくなるという声も一部で上がっており、安全性の確保が課題となりそうだ

まだ取り組むべき問題点もありそうだが 個人的に利用するには なかなか好感触♪
低コストで 世間に普及され 選べる一品に成長して欲しいものですね

引用:iza

スポンサーサイト
Copyright © Hot Times All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。