食品検査のあり方・国内・海外・エンターテイメント・芸能・テクノロジー・車・音楽・パソコン・オークション・など色々な話題のブログ作成に勤めています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食品検査のあり方


不二家による期限切れ原料使用問題で、食品メーカーの品質管理体制や工場でのチェックシステムが改めてクローズアップされている。
 加工食品メーカーでいち早く先進的なチェック体制を築いたキューピー。その中核が、10年前から全国8工場すべてに導入した自社開発の「配合事故防止システム」だ。
 例えばベビーフードは1商品に平均15種類の原材料を使うため、製造工程で毎日3000~4000もの原材料を小分けにする必要がある。ミスが出やすい工程だが、2次元バーコードがこれを変えた。小分けにされた袋にバーコードを貼り付け、分量や製造方法、賞味期限などのデータを記録。作業員が“レシピ”通りでない材料をミキサーに入れると警告音が鳴る仕組みだ。
 同社は材料の仕入れから製品出荷までバーコードでデータ管理し、トレーサビリティー(追跡可能性)にも対応する。システムの本格導入後、配合事故はゼロになった。

わからなければいいという 企業のおごり トカゲのしっぽ状態で 終結はいかに・・・

引用:iza

スポンサーサイト
Copyright © Hot Times All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。