牛乳ペットボトル化へ・国内・海外・エンターテイメント・芸能・テクノロジー・車・音楽・パソコン・オークション・など色々な話題のブログ作成に勤めています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳ペットボトル化へ



■解禁の動きも コスト、衛生…高いハードル
 ペットボトルに入った牛乳が年内にも店頭に並ぶかもしれない。内閣府食品安全委員会が先月、牛乳容器への使用を認める評価案をまとめたからだ。手軽でデザインが豊富なペットボトル容器は若者の心も引きつけやすい。「牛乳離れ」に悩む生産者らは「消費回復の起爆剤に」と期待を寄せるが、紙パックと比べた容器コストの高さや衛生上の不安などハードルも多い。(海老沢類)

 ≪横倒しもOK≫
 「手軽に飲めて、若者にもなじみがある。これで形の上では、ほかの飲料と同じ土俵に立てる」

 北海道豊頃(とよころ)町の農事組合法人「Jリード」の井下英透代表(48)はペットボトル容器解禁の動きを歓迎する。

(*・゛・)ウーン・・何だか牛乳が個人的に嫌いな私としては
ペットボトルになった日には もっと嫌いになるかもしれない(*'(Д)')ヒィィィ!
牛乳は 紙パックか瓶物と 固定概念がそう思わせるのか?









 生産過剰に消費低迷が重なり、昨年道内では大量の生乳が廃棄された。乳牛450頭を抱えるJリードでも約200トンの廃棄を余儀なくされた。苦い経験があるだけに、新容器にかける期待も大きい。

 牛乳容器の内側に使用できる合成樹脂は、厚生労働省令で現在、紙パックの内側で使っているポリエチレンなど2種類に制限されている。このため、ポリエチレンテレフタレート(PET)でできたペットボトル容器は使えなかった。

 このため、業界団体の日本乳業協会が使用可能リストにPETを加えるよう要請。食品安全委は先月、「適切な条件下で管理される限り、十分な安全性を確保している」との評価案をまとめた。国民からの意見募集などを経て、秋にも販売が可能になる見通しだ。

 日本乳業協会の松崎勝・生産技術部長は「ペットボトルなら中身が見えて、よりおいしく感じるし、一度開けてもふたを閉めれば冷蔵庫の中に横倒しにしておける。ストロー付きの紙パックに比べ、形状やパッケージデザインの幅も大きく広がる」と話す。

 ≪大きさ二極化?≫
 ただ、商品化に向けて克服すべき課題は多い。
 牛乳はほかの清涼飲料に比べて賞味期限が短く、傷みやすい。「紙パックの約5倍」(関係者)といわれる容器コストの高さも手伝って、各メーカーの動きは鈍い。

 「メグミルク」ブランドを展開する日本ミルクコミュニティの担当者は「基本的に要冷蔵の商品なので、飲み残しをかばんに入れて持ち歩くことはできない。また、ペットボトル生産となれば工場に新たな設備を作らなければならない」と指摘する。ペットボトル入りの乳飲料「ミルクと珈琲」を販売している明治乳業も、「やるかやらないかを含め、社内で検討している段階」(広報)という。

 衛生面を考えると、200ミリリットル程度の飲みきりサイズか、冷蔵庫で保存する1~2リットルの大容量サイズに限られる、との見方が業界では大勢を占める。

 ≪給食も先細り≫
 国民の「牛乳離れ」は確実に進んでいる。
 牛乳の生産量は平成6年度の435・1万キロリットルをピークに減少傾向をたどり、昨年度は379・3万キロリットル。ピーク時から1割以上落ち込んだ。

 ダイエットブームのなか、高カロリー・高脂肪のイメージが消費者に敬遠され、豆乳や茶系飲料、ミネラルドリンクなどに少しずつシェアを奪われている状況だ。1割近くを占める学校給食での消費も、少子化で先細りは避けられない。

 松崎さんは「緑茶はペットボトルの導入で、冷たい茶を楽しむという食文化を広げた。容器の変更は、消費者に目新しさを与えるいい手段になるはず。いかにしてコストに見合う魅力的な商品を作り出すか…メーカーの知恵が問われている」と話している。
                                     ◇
 ■「全く飲まない」急増、13%に
 社団法人「日本酪農乳業協会」が昨年6月、全国の13歳以上の男女6000人を対象に行った調査によると、牛乳を「毎日飲む」と答えたのは37・7%で、前年から約2ポイント減った。一方、「全く飲まない」という人の割合は、10・2%から13・7%に急増した。
 また、「どんなときに牛乳を飲むか」(複数回答)について尋ねたところ、「のどがかわいたとき」41・2%、「朝食をとりながら」40・4%との声が多かった。しかし、4年前の調査と比べると「のどがかわいたとき」や「風呂上がり」の割合は約12ポイントも落ち込んでおり、「止渇飲料」としての役割が低下していることがわかる。

確かに 見てくれという容器にだけが問題解決策とは思えない
私のように 牛乳が嫌いで飲まない人は 容器がかわろうと びくともしない
牛乳の違う利用方法を検討したほうが望ましいのか?
何か 起爆剤にでもなる 食べ物の作り方の材料に加わりたいものだ

引用:iza

スポンサーサイト
Copyright © Hot Times All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。