サントリー経常利益が過去最高に・国内・海外・エンターテイメント・芸能・テクノロジー・車・音楽・パソコン・オークション・など色々な話題のブログ作成に勤めています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリー経常利益が過去最高に


サントリーが8日発表した2006年12月期決算は、経常利益が前期比29・2%増の755億円と過去最高を更新した。
 ビール事業で「ザ・プレミアム・モルツ」、食品事業では昨年5月に発売した「黒烏龍茶」などが好調に売り上げを伸ばしたのが主な要因。

そうですよね~ どちらも言われてすぐに「あ~あのCM]」のやつね っとうなずける商品だ
会社のCM戦略もHITですよね~ 矢沢栄吉VS小太りな中年男性達
ウーロン茶もすこし 知名度ひくく 緑茶におされ気味だったが 特保認定で売上にもつながった
サントリーの勝ちってところですね

売上高は2・9%増の1兆4139億円、本業のもうけを示す営業利益は20・5%増の778億円、最終利益は31・5%減の178億円だった。
 ビールの販売数量は2・4%増の5364万ケースで、年間シェアは過去最高の10・8%になった。とくに「ザ・プレミアム・モルツ」は4・4倍の550万ケースを達成した。
 ただ、1963年の市場参入以来、念願の単年度黒字化については「30億円ほど届かなかった」(佐治信忠会長兼社長)としている。
 食品事業では「黒烏龍茶」が伸び、当初の年間計画200万ケースを大幅に上回る620万ケースとなった。これにより同事業の売上高は2・3%増の7625億円を計上した。
 07年12月期は、売上高が前期比5・3%増の1兆4890億円と過去最高の見込み。営業利益は7・9%増の840億円、経常利益は5・9%増の800億円、最終利益も68・2%増の300億円を見込む。
 ビールの販売計画は2・5%増の5500万ケースで、佐治会長兼社長は「今年度は必ず黒字化する」と強調した。

格差社会といわれる中 販売単価の高め設定がうれるというのも
人間の心理をくすぐる購買力でしょうか?
少し高くても 体にいいものなら おいしいのなら・・・と
仕事終わりのいっぱいに 少し自分へのご褒美ビールだったり
油こってりの料理の後でも ウーロン茶でスッキリ!



引用:iza

スポンサーサイト
Copyright © Hot Times All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。