「アマゾン」が仮想商店街に参入・国内・海外・エンターテイメント・芸能・テクノロジー・車・音楽・パソコン・オークション・など色々な話題のブログ作成に勤めています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アマゾン」が仮想商店街に参入


ネット書籍販売大手のアマゾンジャパンが、さまざまな商品を販売する小売店を集めたネット上の「仮想商店街」の開設に向け、具体的な準備を進めていることが2日、明らかになった。仮想商店街事業では楽天、ヤフーが先行しているが、ネットショッピング市場は今後も急速な成長が期待されており、アマゾンは高いブランド力を武器に新規参入し、市場を開拓する。
 関係者によると、アマゾンは事業展開に必要なインフラ整備に向け、システム開発企業などに接触し提案を進めており、近く参入する見通しだ。

ネットショッピングは 今の社会のニーズに多様化していますよね それだけに ターゲットも多様にあるのだから ビジネスチャンスは 幅が広いということですよね

 仮想商店街は、ネット上に出店した企業が商品を販売。運営会社は、場所を貸し出すだけで、自らが商品を仕入れる必要はない。運営会社は出店企業から店舗開設費用や販売手数料をを受け取る仕組みで、自ら在庫を抱えるリスクがなく、食品など鮮度が重視される商品なども取り扱えるなどのメリットがある。
 楽天やヤフーは、こうしたビジネスモデルで収益を伸ばしている。これに対し。アマゾンは現在、ネット上で書籍以外にCDや家電など幅広い商品を販売しているが、基本的に販売する商品を自社で購入し、ネットで販売するビジネスモデルを採用している。
 野村総合研究所の調査によると、パソコン、携帯電話を経由した消費者向けネットショッピングの市場規模は、2006年度が3兆8200億円程度となる見込みで、11年度にはほぼ倍増の6兆4300億円に拡大すると予想している。
 ネットを経由したショッピングは、利用者側には時間に制約されずに買い物を楽しめるほか、商品検索が簡単などメリットがある。また、出店企業側も店舗保有の必要がなく、比較的少人数でも事業を展開できる。アマゾンは、既存の楽天やヤフーにとっては大きな脅威だが、競争激化によるサービスの向上や市場のさらなる拡大が期待できそうだ。

IT関連も弱肉強食 現状維持の経営体制では 先細り・・・向上心と野心で経済とのコラボをいい様に成長していって欲しいものです


                  ◇
【会社概要】アマゾン・ドットコム
 1994年創業の世界最大の電子商取引サイト。当初は書籍のオンライン販売だけだったが、CDやDVD、玩具、宝石のほか、オークションサイトも運営するなど総合電子商取引サイトに成長した。
 うたい文句は「ないものはない」。本社は米ワシントン州。国内ではアマゾンジャパンが日本向けサイトを運営、書籍を中心に計1000万以上の商品を扱っている。

引用:iza

スポンサーサイト
Copyright © Hot Times All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。